ユーグレナ ヘルスケア・ラボ

ユーグレナ ヘルスケア・ラボ

ユーグレナ ヘルスケア・ラボ 免疫力を高めよう

身体を守るために免疫力を高めることが大切です。
石垣島ユーグレナに含まれているパラミロンが細胞性免疫と液性免疫のバランスを調整し、
バランスが偏ることによって生じる疾患の発生を予防できる可能性が示されました。

免疫は、私たちを守る戦士

免疫とは、私たちに何をしてくれているのでしょうか?
実は、環境中には私たちの身体に害を及ぼす異物がたくさんあります。
免疫とは、身体に侵入する細菌やウイルスなどの異物から身体を防御する仕組みのことです。
免疫がなかったら、普通の人は感染しないような弱い病原体にまで感染してしまい、健康を損なってしまうことになるでしょう。

免疫の強弱による違いのイメージイラスト

免疫力が正常に働く場合には、細菌やウイルスなどの異物を認識した免疫の司令塔が、「免疫、働け!」と命令を出し、鉄砲での攻撃を得意とするスナイパー的細胞、 自分で戦いに行く殺し屋的細胞、敵の情報を分析して他の仲間を元気づける細胞など、さまざまな免疫細胞が命令を受けて協力してたたかいます。
そうすることで、私たちの身体は守られているのです。

免疫細胞が命令を受けて協力してたたかうイメージイラスト

石垣島ユーグレナに含まれる”パラミロン”の効果

”パラミロン”の効果の説明イラスト

さて、石垣島ユーグレナに含まれるパラミロンが腸の中に到達すると、腸の中に住んでいる免疫細胞に出会います。
身体にうれしい効果がたくさんあるパラミロンですが、免疫細胞から見ると、ぱっと見、身体に悪さをする細菌の形ととてもよく似ています。
よって、免疫の司令塔に異物としてパラミロンは認識され、仲間の免疫細胞は司令塔からの司令を受けて、たたかう準備をはじめます。そこに細菌やウイルスなどの異物がやってくると、パラミロンのおかげで準備万端、すぐにたたかうことができ、身体が守られやすくなるのです。

パラミロンの摂取でインフルエンザウイルス感染症状を緩和することを示す実験結果のグラフ

実際に、パラミロンを食べていることで、インフルエンザウイルス感染症状を緩和することを示す実験結果があります。 通常、インフルエンザウイルスに感染したマウスは肺で強い炎症が起こって亡くなってしまうのですが、パラミロンを2週間食べさせていたマウスにインフルエンザウイルスを感染させると、肺の中のウイルスの数が減少し、生存率が高くなりました。

さらに、免疫力に不安がある男女10名に、パラミロン粉末を1g、8週間摂取してもらったところ、血液中のリンパ球にて、「細胞性免疫系のサイトカイン(IFN-γ)」の増加と、 「液性免疫系のサイトカイン(IL-4)」の減少がみられ、細胞性免疫と液性免疫のバランスを調整し、バランスが偏ることによって生じる疾患の発生を予防できる可能性が示されました。

バランスが偏ることによって生じる疾患の発生を予防できる可能性が示すグラフ
ページトップへ

SNS SHARE

  • facebook
  • twitter
ページトップへ