• 健康コラム
  • 免疫
2020.12.07

生姜で免疫力アップ!免疫に関連する生姜の栄養素と4つの嬉しい効能を解説!

生姜 免疫 ショウガオール ジンゲロール

疑問

生姜に免疫力を上げる効果が期待できるっていう話を聞いたんですけど本当ですか?

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

はい!なぜなら、生姜には免疫力を上げる効果が期待される栄養素が含まれているからなんです!

納得

なるほど!免疫力以外にも効果ってあるんですか?

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

冷え性などに効果が期待されます!今回は生姜と免疫力についてや、生姜の栄養素を解説していきます!

目次
生姜に含まれる免疫力を上げる主な栄養素
免疫力を上げる以外の生姜の4つの嬉しい効能
免疫力アップの頼れる味方!生姜の豆知識!
葉生姜とは?
まとめ

生姜に含まれる免疫力を上げる主な栄養素

刻みしょうが

生姜には免疫力をアップさせる効果が期待できる栄養素が多く含まれています。
その中でも、生姜に代表される栄養素2つとビタミンについて紹介していきます。

ジンゲロール

しょうが漬け

ジンゲロールとは、生の生姜に多く含まれている辛味成分のひとつです。
ジンゲロールは免疫細胞の一つである白血球を増やし、免疫機能を活性化させることが出来ます。
ジンゲロールは免疫機能を活性化させる以外に殺菌作用や頭痛を抑える作用などさまざまなはたらきを持っています。
しかし、ジンゲロールは酸素に弱い性質を持っているので、酸素に触れた状態で熱が加わると酸化し、本来のはたらきをすることができなくなります。
ですので、ジンゲロールを摂取したい場合は、食べる直前にすりおろすなど空気に触れる時間を少なくすることと、加熱処理を避けることがおすすめです。

ショウガオール

加熱

ショウガオールは、ジンゲロールが加熱や乾燥によって変化して出来る成分です。
ショウガオールは血行を良くしたり、痛みの原因となる成分を抑制するはたらきがあります。
そのため、ショウガオールを摂取すると痛みや冷えの改善につながります。
ジンゲロール、ショウガオールともに免疫力を上げる効果が期待できます。
そのうえで、殺菌などを目的とする場合は生姜をすりおろして、冷えを改善したい場合は加熱して食べることがおすすめです。

ビタミン

ビタミン

ビタミンは、身体の機能を正常に保つはたらきを持ち、それによって免疫力を上げると言われています。
そんなビタミンですが、体内でほとんど合成できないため、食べ物から摂取する必要があります。
そして、生姜には少量ではありますが、免疫力に関連するビタミンが2つ含まれています。
それがビタミンB1とビタミンB2です。

ビタミンB1

免疫力を上げる以外にも糖質の代謝にはたらきかけ、スタミナや集中力の向上などの効果が期待できます。

ビタミンB2

皮膚や粘膜を正常に保つはたらきがあり、それらが正常に保たれると外敵の侵入を防ぐので、免疫力が上がります。

免疫力を上げる他の食べ物に関しては以下の記事で紹介しているので、ぜひご覧ください。

笑顔

生姜に含まれている栄養素が免疫力を上げることがよく分かりました!

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

それはよかったです。では次は生姜を摂取することで期待できるさまざまな効能を紹介します!

免疫力を上げる以外の生姜の4つの嬉しい効能

嬉しい効能

生姜に含まれる栄養素について紹介しました。
次は、生姜の代表的な栄養素であるジンゲロールとショウガオールがもたらすといわれている、免疫力アップ以外の効能について紹介します。

冷え性の改善

冷え性

生姜に含まれる香り成分ガラノラクトンや、辛味成分のジンゲロールは血管に届くと、冷えなどで細くなった血管を拡張させる働きを持っています。
その結果、血流が悪いことによって引き起こされる冷え性や肩こりなどが改善されるといわれています。

殺菌効果

殺菌

生姜に含まれるジンゲロン、ショウガオールに殺菌効果があることが明らかになっています。
食中毒の予防や、気管支炎、肺炎などの原因になる細菌類や、フィラリア、回虫などの寄生虫も駆逐する効果が見込めます。
ちなみに、寿司にガリとして生姜がついてくるのは、生の魚である寿司と殺菌効果のある生姜を一緒に食べることで食中毒を予防するためだといわれています。

吐き気、二日酔い防止

二日酔い

生姜の辛味成分であるジンゲロールやショウガオールは胃腸の消化不良を改善したり、嘔吐中枢を刺激して吐き気を抑えるはたらきがあります。
二日酔いは、過剰に分泌された胃液が排出されずにいることが原因とされています。
つまり、生姜を摂取することで吐き気や二日酔い防止の効果が見込めるのです。

胃を健康に保つ

腹痛

生姜は胃腸の血行を良くすることではたらきを活発にして、食べ物の消化吸収を高めます。
さらに、生姜に含まれているジンジベインという酵素がたんぱく質を分解してくれるので、胃腸の負担を軽減してくれる効果も見込めます。
それだけでなく、生姜の辛味成分のジンゲロン、ショウガオールは内臓のはたらきを活発にし、食欲を増進させるともいわれています。

納得

こんなに多くの効果が期待できるんですね!

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

はい。次は生姜の選び方や保存方法について説明したいと思います!

笑顔

ぜひ、お願いします!

免疫力アップの頼れる味方!生姜の豆知識!

しょうが

生姜を摂取することで、免疫力を上げる以外にもさまざまな効能があるとおわかりいただけたでしょうか。
次に、意外と知られていない生姜の選び方や保存方法を紹介します。

生姜の選び方

野菜コーナー

生姜を選ぶときは、ふっくらとハリがあって、出来るだけ大きいものを選びましょう。
ふっくらとハリがある生姜を選んだほうが新鮮で味が良い傾向があります。
また、生姜は調理する時に皮をむく必要があり、大きい生姜は簡単に皮を剥くことができるので、大きい生姜を選ぶのがおすすめです。

生姜の保存方法

キッチン

生姜を保存する際は、乾燥を防ぐためラップか新聞紙で生姜を包み、冷暗所で保存しましょう。
生姜は、冷凍保存も出来ます。
冷凍保存をする際は千切りにするか、すりおろしてラップで小分けにしてから冷凍庫に入れましょう。

納得

なるほど!これで生姜を多めに買っても安心ですね!

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

そうですね!最後に、生姜の種類のひとつ、葉生姜について紹介します!

葉生姜とは?

葉生姜

葉生姜は、普段私たちが口にする根生姜を、3か月ほど前倒しして収穫したものになります。
ですので、冬が旬といわれる生姜に対して5月から9月ごろが葉生姜の旬になります。
葉生姜はカリウム、カルシウム、ビタミンB2などを多く含み、これらの栄養は根生姜よりも多く含まれています。 味に関しても根生姜に比べて柔らかく、辛味が少なくて食べやすいのが特徴です。
爽やかな香りがあり、味噌をつけたり甘酢漬けにして白い根の部分を食べるのが一般的です。

笑顔

なるほど!実際に葉生姜を買ってみたくなりました!

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

良かったです!葉生姜は味が良いのでおすすめです。

まとめ

生姜

生姜は免疫力を上げるだけでなく、冷え性の改善や殺菌効果など数多くの効果があります。
実は生姜はガリやジンジャエールなどいろんな形で身近に存在しています。
そんな生姜は免疫力を上げるため、意識的に摂取することをおすすめします。

納得

今日は生姜と免疫力について教えていただきありがとうございました!

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

いえいえ、免疫力を上げるためにぜひ生姜を摂取してみてください。

笑顔

はい、ありがとうございます!

鈴木 健吾

監修:鈴木 健吾
(研究開発担当 執行役員)

東京大学農学部生物システム工学専修を卒業。
2005年8月、取締役研究開発部長としてユーグレナ創業に参画、同年12月に、世界初となる微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の食用屋外大量培養に成功。
2016年東京大学大学院博士(農学)学位取得、2019年に北里大学大学院博士(医学)学位取得。
現在、ユーグレナ社研究開発担当の執行役員として、微細藻類ユーグレナの生産およびヘルスケア部門における利活用に関する研究等に携わる。
マレーシア工科大学マレーシア日本国際工科院客員教授、東北大学・未来型医療創造卓越大学院プログラム特任教授を兼任。
東北大学病院ユーグレナ免疫機能研究拠点研究責任者。

記事一覧へ戻る