• 健康コラム
  • 栄養

リンゴジュースって身体に良いの?リンゴジュースに含まれる栄養素と期待できる効果について解説!

メインイメージ

疑問

リンゴジュースって身体に良いって良く聞くんですけど、どうなんですか?

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

はい!リンゴジュースには身体に良い栄養素が多く含まれているんです!

納得

そうなんですね!どんな栄養素が含まれているんですか?

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

はい!それでは、リンゴジュースについて詳しく説明していきますね。

リンゴジュースに含まれる栄養素

栄養素

「1日に1個のリンゴは医者を遠ざける」といわれているほど、リンゴには健康に良い栄養が多く含まれています。
そんなリンゴを使ったリンゴジュースにも、もちろんさまざまな栄養素が含まれています。
そこで、具体的にどんな栄養素がリンゴジュースに含まれているのか解説します。

ポリフェノール

ポリフェノール

ポリフェノールは、多くの植物に存在する苦味や色素の成分で、その種類は5,000以上あるといわれています。
そんな中でもリンゴジュースには100種類以上のポリフェノールが含まれています。
リンゴに含まれているポリフェノールの中でも特にプロシアニジンが多く含まれています。
プロシアニジンは強い抗酸化作用を持ち、皮膚や粘膜を劣化させる活性酸素のはたらきを抑えるという役割があります。
さらに、皮膚や粘膜を劣化させる活性酸素のはたらきを抑えることで、免疫力アップの効果にも期待ができます。
また、プロシアニジンの他にはアントシアニンというポリフェノールが含まれています。
アントシアニンには血圧を正常に保ったり、視力を回復させる効果が期待できます。
その他にもリンゴジュースにはエピカテキンなどさまざまなポリフェノールが含まれています。

ビタミンC

ビタミンC

リンゴジュースにはビタミンCが多く含まれています。
ビタミンCはプロシアニジンと同様に強い抗酸化作用を持つビタミンで、活性酸素のはたらきを抑える役割があります。
ビタミンCが、皮膚や粘膜を劣化させる活性酸素のはたらきを抑えることで、免疫力を上げる効果が期待できます。
加えて、ビタミンCは免疫力を上げる以外に、ストレス耐性をつけたり、貧血の予防やコラーゲンの生成を促進するはたらきがあります。
リンゴジュースを飲んで、ビタミンCを摂取しましょう。

カリウム

カリウム

リンゴジュースにはカリウムも多く含まれています。
カリウムは人体に必要なミネラルの一種で、浸透圧を調節して体内の塩分濃度やpHなどを一定に保つはたらきがあります。
加えて、筋肉のエネルギー代謝や収縮、神経の伝達も補助しています。
カリウムが不足するとこれらに影響する他にも、脱力感や食欲不振、精神障害や不整脈などの症状がみられ免疫力が低下します。
リンゴジュースに含まれているカリウムを定期的に摂取することで、免疫力の維持を心がけましょう。

リンゴ酸

リンゴ酸

リンゴ酸はリンゴから発見されたことからその名がついており、もちろんリンゴジュースにもリンゴ酸が含まれています。
リンゴ酸には疲労の原因となる乳酸を分解するはたらきがあるといわれています。
そのため、スポーツの後などにはリンゴジュースがおすすめです。
また、リンゴ酸は鉄を吸収しやすくするというはたらきを持つため、貧血を予防する効果が期待できます。
貧血に悩んでいる人は、リンゴジュースを飲むようにしてみましょう。

ペクチン

ペクチン

リンゴジュースには食物繊維の一種であるペクチンが含まれています。
ペクチンには腸内環境を整える効果が期待できます。
そのため、便秘や下痢に悩んでいる人にはぜひおすすめです。
また、ペクチンはコレステロールを吸収して外に出すはたらきがあります。
そのため、コレステロール値の低下にも期待ができます。

納得

リンゴジュースにはこれらの栄養素が含まれているんですね!

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

そうなんです、続いて、リンゴジュースに期待できる嬉しい効果について紹介していきます。

リンゴジュースに期待できる効果

効果

リンゴジュースには、ポリフェノールなどのさまざまな栄養素が含まれていました。
では、これらの栄養素を含んだリンゴジュースを飲むことでどんな良い効果があるのか解説します。

ダイエット効果

ダイエット

太りやすい人と太りにくい人の違いには、腸内環境が大きく関わっています。
体型を維持し、太りにくい身体になるためには腸内環境を整えることが大切です。
あるマウスを使った研究で、太ったマウスの腸内細菌を移植したマウスと、痩せたマウスの腸内細菌を移植したマウスの体脂肪の変化を計測しました。
すると、太ったマウスの腸内細菌を移植したマウスの方が体脂肪が増加する傾向にありました。
つまりこの研究によって、腸内細菌が肥満に関わっていることが示唆されたのです。
リンゴジュースには、腸内環境を整える効果が期待できるペクチンが含まれています。
そのため、リンゴジュースを飲むことでダイエット効果が期待できるのです。
ダイエットに関しては以下の記事で詳しく紹介しているので、ぜひご覧ください!

疲労回復効果

疲労

激しい運動や長時間労働などをすると、疲労の原因となる乳酸が作られます。
先ほど紹介したリンゴジュースに含まれているリンゴ酸にはこの乳酸を分解するはたらきがあるので、疲労を回復する効果が期待できます。
また、リンゴジュースにはクエン酸も含まれていて、同様の効果が期待できます。

老廃物の排出

老廃物

リンゴジュースに含まれるペクチンには強い粘り気があります。
その強い粘り気で老廃物に吸着することで、腸内環境を整える効果が期待できます。
また、便秘の解消の効果にも期待ができるので、老廃物の排出に一役買ってくれるかもしれません。

納得

リンゴジュースを飲むと、こんなにたくさんの嬉しい効果が期待できるんですね!

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

はい!ぜひリンゴジュースを飲んでみてください!

リンゴジュースを飲む際の注意点

注意点

ここまで、リンゴジュースが健康に良いということを解説してきました。
しかし、リンゴジュースを飲む際には気をつけなければいけない点もあります。
まず、リンゴジュースはコップ1杯(200ml)でおよそ96kcalあります。
厚生労働省によると、間食の目安として1日に200kcalとしています。
そのため、リンゴジュースを飲みすぎてしまうと、カロリーオーバーになる可能性があります。
また、リンゴジュースには糖質も多く含まれています。
糖質を取りすぎてしまうと、肥満の原因となる可能性もありますので気をつけましょう。

納得

なるほど、身体に良いからといってたくさん飲めば良いというわけではないんですね。

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

そうなんです。リンゴジュースの正しい量を飲んで健康的な生活を目指しましょう。

まとめ

まとめ

リンゴジュースにはさまざまな健康に良い栄養素が含まれています。
リンゴジュースを飲むことで、ダイエットや疲労回復などの効果が期待できます。
健康な身体作りのためにもリンゴジュースを飲みましょう。
また、必要な栄養素を効率よく摂取する上でユーグレナがおすすめです。
ユーグレナには59種類もの栄養素がバランス良く含まれています。
ユーグレナに含まれている成分や、ユーグレナに期待できる嬉しい効果について、以下の記事で詳しく解説しているのでぜひご覧ください。

納得

今日は、リンゴジュースの栄養について教えていただきありがとうございました!

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

いえいえ、健康のためにもぜひリンゴジュースを飲んでみてください。

納得

はい、ありがとうございます!

鈴木 健吾

監修:鈴木 健吾
(研究開発担当 執行役員)

東京大学農学部生物システム工学専修を卒業。 2005年8月、取締役研究開発部長としてユーグレナ創業に参画、同年12月に、世界初となる微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の食用屋外大量培養に成功。 2016年東京大学大学院博士(農学)学位取得、2019年に北里大学大学院博士(医学)学位取得。 現在、ユーグレナ社研究開発担当の執行役員として、微細藻類ユーグレナの生産およびヘルスケア部門における利活用に関する研究等に携わる。 マレーシア工科大学マレーシア日本国際工科院客員教授、東北大学・未来型医療創造卓越大学院プログラム特任教授を兼任。 東北大学病院ユーグレナ免疫機能研究拠点研究責任者。

健康コラム一覧へ戻る