• 健康コラム
  • 栄養

ほうじ茶って身体に良いの?ほうじ茶に含まれる栄養素と期待できる効果について解説!

メインイメージ

疑問

ほうじ茶が身体に良いって良く聞くんですけど、どうなんですか?

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

はい!実は、ほうじ茶には身体に良い栄養素が多く含まれているんです!

疑問

そうなんですね!どんな栄養素が含まれているんですか?

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

はい!それでは、ほうじ茶について詳しく説明していきますね。

ほうじ茶って身体に良いの?

ほうじ茶

以下の表は、ほうじ茶に含まれている栄養素と、毎日の摂取が推奨される代表的な栄養素をまとめたものです。 

栄養成分 含有量 推奨摂取量
たんぱく質 Trg 65g
炭水化物 0.1g 320g
脂質 0g 50g
食物繊維 0g 21g
ビタミンA 0μg 860μg
ビタミンC 0mg 100mg
ビタミンD 0μg 8.5μg
ビタミンE 0mg 6.0mg
カリウム 0mg 3000mg
マグネシウム 0mg 340mg

※含有量は、文部科学省の「食品成分データベース 」を参考に、ほうじ茶(し好飲料類/<茶類>/(緑茶類)/ほうじ茶/浸出液)100gあたりの値を記載しております。
※1日の推奨摂取量は、厚生労働省の「 日本人の食事摂取基準(2020年版) 」を参考に、成人男性(18~29歳)の1日の値を記載しております。
※Tr:栄養素の含有量が最小記載量の1/10以上かつ5/10未満という意味です。
ほうじ茶には主要な栄養素がほとんど含まれていないため、栄養を補給するものとしては向いていません。
しかし、ほうじ茶には血流を良くするピラジンが含まれており、冷え性を改善する効果が期待できます。
手足が冷えやすいなどの悩みがある方には、ほうじ茶がおすすめです。

納得

なるほど!ほうじ茶にはピラジンが含まれているんですね。

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

そうなんです。次にほうじ茶に含まれる栄養素について詳しく解説していきます!

ほうじ茶に含まれる栄養素

栄養素

そもそもほうじ茶とは茶葉を焙じた(ほうじた)お茶のことを指します。
茶葉を強火で炒っているため、独特な香りが特徴です。
そんなほうじ茶にはどんな栄養素が含まれているのか紹介します。

テアニン

テアニン

テアニンはほうじ茶に含まれるアミノ酸の一種で、爽やかな旨味と甘味を引き出す役割を担っています。
またテアニンは、お茶特有の成分で、ほうじ茶の他には、緑茶、玉露、抹茶、紅茶に多く含まれています。
テアニンにはリラックス効果がある他、快適な睡眠の促進効果、集中力を高める効果が期待されています。
ストレスの解消や睡眠の質を上げることは、免疫力を上げることにも繋がります。
睡眠の質と免疫力の関係については、こちらの記事でも紹介しているのでぜひご覧ください。

ピラジン

ピラジン

ピラジンは、アミノ酸と糖が高い温度で加熱されることで生成される成分です。
ほうじ茶は茶葉を焙じて作っているため、茶葉に含まれているアミノ酸と糖が焙じた時にピラジンが生成されます。
ピラジンはほうじ茶が持つ香りの成分でもあり、ほうじ茶以外にもコーヒー、ローストしたナッツやココア、牛肉などにも含まれています。
そんなピラジンは脳をリラックスさせたり、血流を良くする効果が期待できます。

カテキン

カテキン

カテキンはポリフェノールの一種で、お茶の特有の苦み、渋み成分のもとになっている物質です。
カテキンは抗酸化物質であるとされていている他、抗菌作用も期待されています。
抗酸化物質には体内の活性酸素のはたらきを抑える効果があるとされています。
活性酸素には皮膚や粘膜を劣化させるはたらきがあるため、カテキンによってはたらきを抑えることで免疫力を保つ効果が期待できます。
また、カテキンの抗菌作用によって、インフルエンザなどの感染症を予防できる可能性も示唆されています。
カテキンが含まれているほうじ茶を飲んで、風邪や感染症から身体を守るようにしていきましょう。

納得

ほうじ茶にはたくさんの栄養素が含まれているんですね!

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

そうなんです!次にほうじ茶に期待できる嬉しい効果について紹介していきます!

ほうじ茶に期待できる嬉しい効果3選

効果

ほうじ茶には、テアニンなどの身体に良い栄養素が含まれています。
以下では、ほうじ茶に期待できる嬉しい効果について解説していきます。

リラックス効果

リラックス効果

先ほど紹介したほうじ茶の香り成分であるピラジンにはリラックス効果が期待できます。
ある研究によると、ピラジンの香りを嗅ぐ前に比べて、嗅いだ後には明らかに脳が円滑に機能していることを示すα波が増えていました。
α波が増えると、脳が円滑に動き、気持ちがリラックスします。
そのため、ほうじ茶の香りの代表的な成分であるピラジンが脳の神経にはたらいているのではないかと考えられています。

冷え性改善効果

冷え性改善

そもそも冷え性の原因の一つとして、血行の流れが悪くなっているということがあります。
血液の流れが悪いと、毛細血管へ温かい血液が流れず、血管が収縮し手足などが冷えてしまうのです。
そのため、冷え性の対策として血行の流れを良くすることが大切です。
先ほど紹介したピラジンには血行の流れを良くする効果が期待できます。
冷え性に悩んでいる人はぜひほうじ茶を飲んでみてください。

高血圧予防

高血圧予防

ほうじ茶に含まれているカテキンとテアニンはともに、血管を拡張するはたらきがあります。
血管が拡張されると、血管内の圧力が低下する傾向があるため、高血圧を予防する効果も期待できます。
高血圧は心筋梗塞や脳卒中の原因になってしまうこともあります。
高血圧予防に役立つとされているほうじ茶を飲んで、健康的な生活を目指していきましょう。

納得

ほうじ茶を飲むとこんなにたくさんの嬉しい効果が期待できるんですね!

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

はい!ぜひ健康のためにもほうじ茶を飲んでみてください!

ほうじ茶に含まれるカフェインの量

カフェイン

お茶類やコーヒーなどに多く含まれているイメージがあるカフェインですが、ほうじ茶にもカフェインが含まれています。
しかし、コーヒーや紅茶などに比べるとほうじ茶に含まれているカフェインの量は少ないです。
なぜほうじ茶のカフェインが少ないかというと、カフェインは高温で昇華する性質があるからです。
ほうじ茶は茶葉を焙じるため、カフェインが昇華され、含有量が少なくなるのです。
また、ほうじ茶に使われる茶葉は番茶が多く、もともとカフェインが少ないことも理由の一つです。
カフェインに気をつけなければならない妊婦の方や小さな子供などにはほうじ茶がおすすめです。

納得

ほうじ茶のカフェインの量は少ないんですね!

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

はい!カフェインが気になる人にはおすすめです!

まとめ

ほうじ茶

当記事では、ほうじ茶に含まれる栄養素や期待できる嬉しい効果について解説しました。
ほうじ茶を飲むことで、リラックス効果や冷え性改善などの効果が期待できることを理解いただけたかと思います。
また、含まれているカフェインの量が少なめなので日常的に飲んだり、妊婦の方や小さい子供にもおすすめです。 
また、ここまでほうじ茶の栄養素について解説をしてきましたが、効率良く栄養を摂取する上で、ユーグレナがおすすめです。
ユーグレナには身体に良い59種類もの栄養素がバランス良く含まれています。
ユーグレナに含まれている成分や、ユーグレナに期待できる嬉しい効果について、以下の記事で詳しく解説しているのでぜひご覧ください。

 

納得

今日はほうじ茶について教えていただきありがとうございました!

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

いえいえ、健康のためにもぜひほうじ茶やユーグレナを飲んでみてください。

納得

はい、ありがとうございます!

鈴木 健吾

監修:鈴木 健吾
(研究開発担当 執行役員)

東京大学農学部生物システム工学専修を卒業。 2005年8月、取締役研究開発部長としてユーグレナ創業に参画、同年12月に、世界初となる微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の食用屋外大量培養に成功。 2016年東京大学大学院博士(農学)学位取得、2019年に北里大学大学院博士(医学)学位取得。 現在、ユーグレナ社研究開発担当の執行役員として、微細藻類ユーグレナの生産およびヘルスケア部門における利活用に関する研究等に携わる。 マレーシア工科大学マレーシア日本国際工科院客員教授、東北大学・未来型医療創造卓越大学院プログラム特任教授を兼任。 東北大学病院ユーグレナ免疫機能研究拠点研究責任者。

健康コラム一覧へ戻る