• 健康コラム
  • 免疫

免疫における記憶とは?記憶する細胞のしくみなどを解説!

メインイメージ

疑問

免疫にはウイルスなどを記憶するしくみがあるって聞いたんですけど本当ですか?

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

はい!免疫記憶というものがあります!

納得

なるほど!でもウイルスなどを記憶するとどういうメリットがあるんですか?教えてください!

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

では今回は免疫における記憶についてしくみやメリットなどを解説していきます!

免疫記憶のしくみ

免疫記憶のしくみ

日頃私たちの身の周りにはウイルスや細菌のような有害物質がたくさん存在しています。
その有害なウイルスや細菌から身を守ってくれているのが免疫で、免疫には生まれつき備わっている自然免疫と後天的に備わる獲得免疫の2種類があります。
そして免疫には1度感染したり、侵入しようとしてきたウイルスを記憶し、2度目にウイルスが侵入しようとした際には素早く対処できるようにする免疫記憶というしくみがあります。
この免疫記憶というしくみがあるからこそ、1度かかった病気にかかりにくかったり、症状が軽く済むのです。
免疫記憶のしくみは主に獲得免疫のT細胞とB細胞が関係しています。
これらの細胞がウイルスの情報を記憶し、ウイルスを攻撃するための抗体を作ります。
そしてもう1度同じウイルスが侵入した際に、抗体を使って攻撃をしたり素早く免疫細胞を活性化させて攻撃をするのです。
また、免疫記憶のしくみは今まで獲得免疫にのみ備わっていると考えられていましたが、最近の研究では自然免疫にも備わっているということがわかっています。

納得

免疫にはこんなしくみがあったんですね!

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

はい!次に免疫記憶を利用したワクチンについて解説します!

ワクチンのしくみ

ワクチン

免疫記憶は、1度侵入した有害物質の情報を記憶し、再び同じ有害物質が侵入してきた際に、抗体で素早く有害物質に対処することができます。
この免疫記憶のしくみがあるため、1度かかったことのある「はしか」などは2度目はかからないといわれています。
インフルエンザなどのワクチンもこの免疫記憶のしくみを利用しています。
インフルエンザワクチンはあらかじめ症状が出ないように、弱くしたインフルエンザウイルスを投与します。
すると免疫記憶がはたらいて、インフルエンザに対する抗体を作り出し、実際に本物のインフルエンザウイルスが身体に侵入しても、素早く排除ができるようになります。
また、インフルエンザの予防接種は毎年受けると思いますが、これにも理由があります。
インフルエンザウイルスは毎年変化をしていて、92%くらい遺伝子が変化してしまうといわれています。
そのため、一度予防接種を受けて抗体を作っていても、インフルエンザウイルスが変わってしまうと免疫がはたらきにくくなってしまうのです。
このような背景から、毎年予防接種を受けることが必要なのです。

納得

予防接種って免疫記憶を利用していたんですね!

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

そうなんです!毎年ウイルスが変化してしまうから、予防接種も毎年受ける必要があるんですよ!

免疫力を高く保つ方法

免疫力を高く保つ方法

免疫記憶について解説をしてきましたが、健康な身体を維持するためには免疫力を高く保つことが大切です。
そこで免疫力を高く保つための方法を紹介します。

適度な運動

運動

適度な運動は気分転換などのストレス解消になったり、免疫力を上げる効果にも期待できます。
1時間以内の比較的短時間の運動をすることで、ナチュラルキラー細胞が増殖します。
ナチュラルキラー細胞は常に体内をパトロールし、ウイルス感染細胞やがん細胞などを見つけるといち早く発見して、攻撃するという免疫機能をもった細胞です。
つまり、運動をしてナチュラルキラー細胞を増やすことで、免疫力を上げる効果が期待できます。
しかし、過度な運動には注意が必要です。
激しい運動やトレーニングをすると、免疫力が下がりやすく、風邪を引きやすいと研究で明らかになっています。
適度な運動の目安を以下の記事で詳しく紹介しているので、ぜひご覧ください。

十分な睡眠

睡眠

自律神経のバランスはストレスによって乱れ、免疫力を下げてしまいます。
そのため、質の良い睡眠や十分な睡眠をとって自律神経を整えることが大切です。
睡眠時間の目安として、厚生労働省では 健康づくりのための睡眠指針 2014 というものを作成しています。
「健康づくりのための睡眠指針 2014」では年齢や季節に応じて、昼間に眠気で困らない程度の睡眠、具体的には6~8時間ほどの睡眠時間を取ることを推奨しています。
また、質の良い睡眠を取るためにも寝る前のカフェインやアルコールの摂取を避けたり、リラックスできる環境づくりをしましょう。
免疫力と睡眠の関係についてはこちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

バランスの良い食事

バランスの良い食事

免疫力を上げる、保つためには栄養バランスの良い食事を日頃から心がけることが大切です。
そして、免疫力を保つためには腸の環境を改善し、そのはたらきを活発にすることが重要です。
栄養バランスの良い食事をすることと、規則正しく食事をとることで、腸の環境を良い状態で保ちましょう。
バランスの良い食事の基準として、厚生労働省では食事バランスガイドを作成しています。
出典:食事バランスガイド(基本編) 食事バランスガイドでは「主食」、「副菜」、「主菜」、「牛乳・乳製品」、「果物」を1日にどれくらい摂取したらよいかがわかります。
例えば主食であれば、1日あたりごはん中盛りを4杯程度が目安となっています。
野菜類である副菜では、1日あたりサラダを5杯程度が目安となっています。
この食事バランスガイドを参考に栄養バランスに気をつけましょう。
また、栄養バランスの良い食事を毎日続けるのは大変ですよね。
そこで59種類の豊富な栄養素をバランス良く含む石垣島ユーグレナのような素材をうまく取り入れる方法もおすすめです。
また、ユーグレナの特有成分であるパラミロンが免疫力向上に役立つという研究結果もあるので、特におすすめです。

納得

これなら、普段から意識出来ますね!

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

そうですね!継続することが大切なので、健康的な生活を続けましょう!

まとめ

まとめ

免疫には1度感染したり侵入したウイルスなどを記憶するしくみがあります。
この免疫記憶のしくみがあるからこそ、2度目はかかりにくかったり症状が軽く済むのです。
また、インフルエンザなどのワクチンも免疫記憶を利用しています。
健康な身体を維持するためにもワクチンをしっかり打ったり、日頃の生活に気をつけたりしましょう。

納得

今日は免疫の記憶について教えていただきありがとうございました!

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

いえいえ、健康な身体を維持するためにも日頃から意識しましょう!

納得

はい、ありがとうございます!

鈴木 健吾

監修:鈴木 健吾
(研究開発担当 執行役員)

東京大学農学部生物システム工学専修を卒業。
2005年8月、取締役研究開発部長としてユーグレナ創業に参画、同年12月に、世界初となる微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の食用屋外大量培養に成功。
2016年東京大学大学院博士(農学)学位取得、2019年に北里大学大学院博士(医学)学位取得。
現在、ユーグレナ社研究開発担当の執行役員として、微細藻類ユーグレナの生産およびヘルスケア部門における利活用に関する研究等に携わる。
マレーシア工科大学マレーシア日本国際工科院客員教授、東北大学・未来型医療創造卓越大学院プログラム特任教授を兼任。
東北大学病院ユーグレナ免疫機能研究拠点研究責任者。

健康コラム一覧へ戻る