• 健康コラム
  • 免疫
2021.02.16

卵で免疫力を上げて丈夫な体に!免疫力を上げる栄養素と嬉しい効果3選を紹介!

卵 免疫力

疑問

卵に免疫力を上げる効果が期待できるっていう話を聞いたんですけど本当ですか?

ユーグレナ 中島
ユーグレナ 中島

はい!卵には免疫力を上げる効果が期待できる栄養素が豊富に含まれているんです!

疑問

そうなんですね!具体的にどういう栄養素なんですか?

ユーグレナ 中島
ユーグレナ 中島

それでは今回は卵と免疫力について解説していきますね!

目次
免疫力を上げる卵の主な栄養素3選!
卵に期待できる免疫力を上げる以外の嬉しい効果3選!
卵の1日あたりの摂取量について
まとめ

免疫力を上げる卵の主な栄養素3選!

卵の栄養素

卵には、免疫力を上げる効果が期待できる栄養素が豊富に含まれています。
それでは、具体的にどのような栄養素が含まれていて、どのような効果が期待できるのか紹介します。

たんぱく質

たんぱく質

卵にはたんぱく質が豊富に含まれています。
たんぱく質は、炭水化物、脂質とともにエネルギーを生み出す栄養素のひとつで、全ての動植物の細胞を構成する主要な成分です。
人にとっては、筋肉、臓器、皮膚、毛髪などの身体を構成する成分、ホルモン、酵素、抗体など免疫機能に関わる成分で、生命の維持に欠かせません。
たんぱく質が不足すると成長障害や体力の低下、免疫力が下がることにつながります。
免疫力をアップするためにも、たんぱく質の摂取は非常に重要なのです。

ビタミンA

ビタミン

卵にはビタミンAも含まれています。
ビタミンAの主要な成分であるレチノールには、目や皮膚の粘膜を健康に保つはたらきがあり、粘膜には外敵から身体を守るために粘膜免疫という機能があります。
粘膜免疫はウイルスなどを身体に入り込まないようにするはたらきがあり、皮膚の粘膜が健康に保たれていないと、粘膜免疫のはたらきが弱まり免疫力が低下してしまうのです。
そのため、ビタミンAを摂取して免疫力を保つようにしましょう。

グルタミン

グルタミン

卵にはアミノ酸の一種であるグルタミンも多く含まれています。
グルタミンには筋肉の分解を抑制する効果があります。
激しい運動をした後や風邪を引いた時、怪我をした時などには筋肉組織が破壊されます。
そして破壊された筋肉を修復する際に体内のグルタミンを消費するため、グルタミンが不足していると筋肉の修復ができなくなってしまいます。
筋肉量は免疫力と関係があり、筋肉量が多いと、運動をした際に体温が上がり血行が良くなるので全身に酸素や栄養が行き渡るため、免疫力が上がるのです。
また、グルタミンにはマクロファージや好中球などの免疫細胞のエネルギー源ともなります。
そのため、グルタミンを摂取して免疫力を上げる効果に期待ができます。

納得

卵にはこんな栄養素が含まれているんですね!

ユーグレナ 中島
ユーグレナ 中島

そうなんです!卵は免疫力を上げる以外にも嬉しい効果が期待できるので紹介しますね!

卵に期待できる免疫力を上げる以外の嬉しい効果3選!

3選

卵に含まれている栄養素は、免疫力を上げる以外にも嬉しい効果が期待できます。
今回は、その中から3つ紹介していきます。

動脈硬化の予防

血圧

動脈硬化は、ダイオキシンや排気ガスなどの汚染物質や加工食品の添加物、紫外線、たばこ、ストレスなどによって増加した活性酸素が原因で引き起こされます。
卵に含まれるビタミンAには体内の活性酸素を除去するはたらきがあります。
卵を摂取することで、血中の脂質の酸化を防ぎ血管を若々しく保てるので動脈硬化の予防効果が見込めます。

視力低下の防止

視力

卵に含まれるビタミンAは目にとっても重要な栄養素の一つです。
ビタミンAは目の筋肉の弾力性を回復させる効果があり、夜盲症や眼精疲労、ドライアイなどを予防します。
卵を摂取することが、目の周辺のさまざまな病気の予防にもつながります。

筋トレ効果

筋トレ

先ほども少し解説をしましたが、グルタミンには筋肉の分解を抑制する効果があります。
筋トレをした際にはグルタミンが大量に消費されます。
そして体内にストックしていたグルタミンが消費されると、筋肉を分解してグルタミンを供給してしまいます。
そのため、グルタミンを摂取することで、筋肉の分解を抑制し、筋トレの効率を上げることができます。

納得

卵はこんな効果も見込めるんですね!

ユーグレナ 中島
ユーグレナ 中島

はい!次に卵の摂取量について紹介しますね!

卵の1日あたりの摂取量について

ゆで卵

卵はコレステロールが多く含まれているため、食べ過ぎてはいけない、週に数個までという話は聞いたことがあるのではないでしょうか。
実はこの話、研究が進んで変わってきているのです。
例えば卵を1日1個、毎日食べると、心血管疾患のリスクが低下するという研究が発表されています。
また、以前まで厚生労働省では、1日のコレステロールの摂取基準を女性600mg、男性750mgとしていました。
そして卵1個のコレステロール値はおよそ300mgなので、卵は「1日1個まで」が良いとされていた。
しかし、2015年に改定された厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」では、コレステロールの1日の摂取基準(上限)の記載はなくなりました。
これはコレステロールを多く摂取しても、血中コレステロール値には影響がないという研究が多くなったからです。
ただし、体質によっては血中コレステロール値が増えやすい人もいますので気をつけましょう。
そして、卵にはさまざまな栄養が多く含まれていますので1日1個以上食べることがおすすめです。

納得

たしかに食べ過ぎてはよくないということは聞いたことありましたね...

ユーグレナ 中島
ユーグレナ 中島

1日1個なら問題ありません!栄養が多いですのでぜひ卵を食べましょう!

まとめ

卵

卵には免疫力を上げる栄養素が豊富に含まれています。
さらに、卵を食べることで、免疫力を上げる以外に動脈硬化の予防や美肌効果など身体に嬉しい効果が見込めます。
これを機に、免疫力を上げるために卵を食べてみてはいかがですか?

納得

今日は卵と免疫力について教えていただきありがとうございました!

ユーグレナ 中島
ユーグレナ 中島

いえいえ、免疫力を上げるためにぜひ卵を摂取してみてください。

納得

はい、ありがとうございます!

監修:中島 綾香
(研究開発部 機能性研究課 課長)

当社ヘルスケアの要であるユーグレナを食品や飲料として体内に取り入れたときの働きや化粧品として活用した際の効果を検証する機能性研究に従事。
体の機能にも精通し、各種学会や論文でのユーグレナに関する研究成果の発表多数。
研究のかたわら事業構想修士を取得し、研究成果を健康行動変容や事業につなげるべく幅広い活動に携わっている。
東北大学病院ユーグレナ免疫機能研究拠点研究員。

記事一覧へ戻る