• 健康コラム
  • 免疫
2020.11.26

免疫力アップにはにんじんジュース!?その他の嬉しい効能も解説!

にんじんジュース 免疫力 β-カロテン

悩み

最近体の調子が悪いかも・・・

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

そんな時は免疫力を上げるために、にんじんジュースを飲むのがおすすめです!

疑問

にんじんジュース?免疫力?

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

今回は免疫力とにんじんジュースの効能について説明していきます!

目次
免疫力とは
にんじんに含まれている免疫力をあげる3つの栄養素
免疫力が上がるだけじゃない!にんじんの効能!
にんじんをジュースにすることで驚きの効果!
にんじんジュースを作るときのポイント!
まとめ

免疫力とは

免疫力

私たちの身の回りには細菌、ウイルス、汚染物質のような身体に有害なものが多く存在します。
それら有害物質から身を守る能力を免疫力といいます。
免疫力が低下すると、風邪を引きやすくなる、口内炎がよくできる、疲れやすくなるなどの症状が現れます。
さらに免疫力は外部の有害物質の侵入を防ぐだけでなく、身体内部から発生するがん細胞に抵抗する効果もあります。

にんじんに含まれている免疫力をあげる3つの栄養素

にんじんに含まれている栄養素

にんじんにはさまざまな栄養素が豊富に含まれています。
今回はその中でも特に重要な3つの要素を紹介していきます。

β-カロテン

β-カロテン

にんじんにはβ-カロテンがとても多く含まれています。
β-カロテンはビタミンAに変換されて作用し、皮膚や粘膜の免疫を増強するほか、有害な活性酸素から体を守る抗酸化作用があります。

ビタミンC

ビタミンC

ビタミンCは皮膚や粘膜の免疫を増強するほか、ストレスへの抵抗力を強める作用があります。
さらに、暑さや寒さ、疲労、睡眠不足といった肉体的ストレスを和らげるほか、精神的ストレスにも効果的です。
もしビタミンCが不足すると日常的に身体に不調を来し、最悪の場合壊血病にかかってしまいます。

食物繊維

食物繊維

食物繊維は、タンパク質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラル、の五大栄養素に劣らないさまざまな効果が見込めます。
食物繊維が腸内環境を整え、免疫細胞が活性化することによって免疫力を高めます。
便秘の改善だけでなく血糖値上昇の抑制、血液中のコレステロール濃度の低下などさまざまな効果が期待できます。
にんじんには100g当たりの食物繊維量がトマトのおよそ3倍の量にあたる2.8gと、他の野菜より多くの食物繊維を含んでいます。

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

にんじんには身体に必要な栄養素が豊富に含まれていることはわかっていただけましたか?

納得

にんじんの栄養素についてよくわかりました。

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

これらの栄養素は免疫力を上げる以外にも効果があるんです!

免疫力が上がるだけじゃない!にんじんの効能!

にんじんの効能

にんじんに含まれている豊富な栄養素が免疫力を上げる効果を持っています。
さらに、にんじんを摂取することによって免疫力を上げる以外にもさまざまな効果があります。

視力低下を防ぐ

視力低下

にんじんに含まれるβ-カロテンは目にとって重要な栄養素の1つです。
β-カロテンには目の筋肉の弾力性を回復させる効果があり、夜盲症や眼精疲労、角膜の乾燥などを予防します。

美肌効果

美肌効果

肌のシミやシワの原因は活性酸素の増加です。
活性酸素が増加する理由はダイオキシンや排気ガスなどの環境汚染物質や加工食品の添加物、紫外線、たばこ、ストレスなどさまざまです。
抗酸化作用をもつβ-カロテンを多く摂取することによって、この活性酸素の増加を防ぎ肌を綺麗に保つことができます。

便秘の解消

便秘の解消

食物繊維は直接腸の働きを刺激するほか、乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌のエサになり菌を増やすことでお腹の調子を整えます。
現代の日本人に不足しがちな食物繊維を摂取することで便秘の解消に役立ちます。

血圧を下げる

血圧計

塩分の取りすぎによって高血圧が引き起こされます。
にんじんに含まれているカリウムにはナトリウムを体外へ排出する効果があり、血液中の塩分濃度を抑えることで血圧を下げる効果があります。
また、にんじんの食物繊維によって、血糖値上昇の抑制や血液中のコレステロール濃度の低下も見込めます。

笑顔

こんなにさまざまな効果が期待できるのですね!

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

はい。免疫力が増加する以外に高血糖などの生活習慣病に対しても効果があることがわかります。

にんじんをジュースにすることで驚きの効果!

にんじんジュース

にんじんに多く含まれるβ-カロテンは生の野菜から摂るよりもジュース等の加工品として摂取するほうが、吸収率が高いことがわかっています。
生の野菜と比べると、加工後の方がなんと1.5倍の吸収率になります。
ただし、ビタミンCや食物繊維などは加熱処理をすると栄養素が減少してしまうので注意が必要です。
高速ジューサーで作ってしまうと摩擦熱で一部栄養素が減少する可能性があるので、もしご家庭にスロージューサーがあればそちらで作ることをおすすめします。

にんじんと免疫力についてはこちらの記事でも詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

納得

なるほど、ジュースにすることで吸収率が上がるのですね。

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

はい。しかもジュースにするだけなので簡単に作ることができます!

にんじんジュースを作るときのポイント!

にんじんとにんじんジュース

にんじんをジュースにする時、特別な手間は必要ありません。
ミキサーに入れてボタンを押すだけなので忙しい時でもにんじんが一本あれば免疫力を増加できます。
また、塩や砂糖を必要とせず、にんじんに他の果実などを組み合わせることにより甘味や酸味を調整することが可能です。

切って皮ごとジューサーに入れる

にんじんとピーラー

にんじんの皮にもβ-カロテンや食物繊維等の栄養素が多く含まれています。
皮もジュースにすることによって、より免疫力増加効果を見込めます。
ジュースにする際、わざわざにんじんの皮をむく必要はありません。にんじんを丸ごとミキサーに入る大きさに切って入れるだけです。

リンゴなどの果物を入れて栄養バランスを意識!

果物

にんじんの皮にもβ-にんじんだけでジュースにして飲むこともおすすめですが、りんごやレモン、蜂蜜など自分の好きな野菜や果物を調整しながら入れることも可能です。
その場合でも特殊な調理方法は必要なく、ミキサーに入れてボタンを押すだけです。
また、自分に不足していると感じる栄養素を持つ野菜や果物を入れることで栄養バランスを簡単に補うことができます。

果物に関しては以下の記事で詳しく紹介しているので、ぜひご覧ください。

納得

これなら良いですね。私のこどももあまりにんじんが好きじゃないけど、これなら美味しく飲める気がします!

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

にんじんさえあれば5分で作れますし、洗い物も少なく済みますね。

笑顔

これなら毎日続けられそうです!

まとめ

にんじんポタージュ

にんじんは緑黄色野菜の代表ともいわれるほど、免疫力を上げるさまざまな栄養素を含んでることがわかりました。
免疫力を上げるだけでなく高血圧や便秘、老化などにも効果のあるにんじん。
より簡単に効率的な方法で摂取することによって忙しいあなたのお供になってくれることは間違いないでしょう。
これを機に自分のお気に入りのにんじんジュースレシピを見つけてみてはいかがでしょうか。

納得

今回はにんじんジュースについて教えてくださり、ありがとうございました。

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

いえいえ。簡単に栄養を摂りたい時にぜひ作ってみてください。

笑顔

はい、そうします!

鈴木 健吾

監修:鈴木 健吾
(研究開発担当 執行役員)

東京大学農学部生物システム工学専修を卒業。
2005年8月、取締役研究開発部長としてユーグレナ創業に参画、同年12月に、世界初となる微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の食用屋外大量培養に成功。
2016年東京大学大学院博士(農学)学位取得、2019年に北里大学大学院博士(医学)学位取得。
現在、ユーグレナ社研究開発担当の執行役員として、微細藻類ユーグレナの生産およびヘルスケア部門における利活用に関する研究等に携わる。
マレーシア工科大学マレーシア日本国際工科院客員教授、東北大学・未来型医療創造卓越大学院プログラム特任教授を兼任。
東北大学病院ユーグレナ免疫機能研究拠点研究責任者。

記事一覧へ戻る