ユーグレナ ヘルスケアラボ

多言語
language

ユーグレナについて

ユーグレナの和名は「ミドリムシ」

体長はわずか0.05mmほどで顕微鏡でなければその姿をはっきり見ることのできない小さな微生物です。
和名は「ミドリムシ」と言いますが「ムシ」ではなくワカメやコンブと同じ「藻」の一種。
葉緑体を持っており、植物のように光合成を行って栄養分を体内に蓄えるだけでなく、
動物のように細胞を変形させて移動することも出来ます。
植物と動物、両方の性質を備えている生物は大変珍しい存在です。

ユーグレナに含まれる59種類の栄養素

植物と動物、両方の性質を備えているため、
ビタミン、ミネラル、アミノ酸、不飽和脂肪酸など、
幅広い栄養素を備えています。

ビタミン類
α-カロテン、β-カロテン、ビタミンB1、B2、B6、B12、C、D、E、K1、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸
不飽和脂肪酸
DHA、EPA、パルミトレイン酸、オレイン酸、リノール酸、リノレン酸、エイコサジエン酸、アラキドン酸、ドコサテトラエン酸、ドコサペンタエン酸、ジホモ-γ-リノレン酸
アミノ酸
パリン、ロイシン、イソロイシン、アラニン、アルギニン、リジン、アスパラギン酸、グルタミン酸、プロリン、スレオニン、メチオニン、フェニルアラニン、ヒスチジン、チロシン、トリプトファン、グリシン、セリン、シスチン
ミネラル
マンガン、鋼、鉄、亜鉛、カルシウム、マグネシウム、カリウム、リン、ナトリウム
その他
パラミロン、クロロフィル、ルテイン、ゼアキサンチン、GABA、スペルミジン、プトレッシン分析元:日本食品分析センター

ユーグレナは植物、動物の性質を持つことから
植物に含まれるビタミンCや葉酸、動物に含まれるDHA、EPA、ビタミンB1
両方の栄養素を備えています。

中でも注目されるのが、
特有成分の「パラミロン」です。

パラミロンはユーグレナとその近緑の種のみが蓄積する貯蔵多糖であり、β-1,3-グルカンの結晶体です。
パラミロンはわたしたちの体内で消化吸収はなされず、食物繊維のようにはたらくと考えられています。

撮影:青山学院大学 福岡伸一教授

ユーグレナ 研究レポート

研究レポート一覧を見る
ページトップへ