• 研究レポート
  • ユーグレナ
  • その他
2020.09.30

ユーグレナと大豆イソフラボンを組み合わせることで、骨密度の低下が抑制されました(マウスによる試験)

メインイメージ 骨粗しょう症を発症させたモデルマウスにユーグレナと大豆イソフラボンを含む餌を4週間摂取させ、大腿骨の骨密度を測定しました。ユーグレナとイソフラボンを同時に摂取すると、骨密度が対照群(骨粗しょう症でない通常のマウス)に近い値となり、骨密度の低下が抑制されることが確認されました。
研究レポート一覧へ戻る