• 研究レポート
  • ユーグレナ
  • その他
2017.09.29

パラミロンの摂取により肝臓へのダメージの減少を示唆する研究結果が確認されました(ラットによる試験)

メインイメージ 肝障害を起こしたラットにパラミロン粉末を含む餌を摂取させました。その結果、パラミロン粉末を摂取したラットは摂取したパラミロンの濃度が高くなるほど、肝臓の損傷の指標となる、血中AST、ALTの濃度が下がりました。また、活性酸素分解酵素の活性が低下しにくくなることも明らかになり、パラミロンの摂取が肝臓へのダメージを減少させる可能性が期待されます。

出典:A.Sugiyama et al. J Vet Med Sci. 2009 Jul;71(7):885-90. から改変

研究レポート一覧へ戻る