• 健康コラム
  • 免疫
2021.03.05

笑うと免疫力が上がる!?笑いの驚きの効果を解説!

笑う 免疫 自律神経 活性化

疑問

「笑いは百薬の長」ということわざを聞いたんですが、笑うことって健康に良いんですか?

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

はい!研究によって笑うと免疫力が上がる効果があることが分かっています!

納得

なるほど!どんな効果があるんですか?詳しく教えてください!

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

では、今回は笑いと免疫力についてやその効果を説明します!

目次
笑いと免疫力の関係
笑うことはがんにも効果的!?
笑うことで期待できる免疫力を上げる以外の嬉しい効果
まとめ

笑いと免疫力の関係

笑顔

私たちの身体には、有害物質から身体を守るために免疫というしくみが備わっています。
免疫のしくみの中に、体内に入ってしまった細菌やウイルスを見つけ、排除するはたらきをもつ免疫細胞というものがあります。
その免疫細胞のひとつにナチュラルキラー細胞(NK細胞)と呼ばれる細胞があり、このNK細胞の数が増えたり、活性化すると免疫力が上がることが分かっています。
私たちが笑うと、脳に興奮が伝わり善玉ペプチドが大量に分泌されます。
この善玉ペプチドが血液やリンパ液に乗って全身に運ばれ、NK細胞の表面に付着いて活性化されるのです。
さらに、笑うと睡眠の質が上がることも研究で分かっており、睡眠の質を上げることも免疫力を上げる効果が期待できます。

納得

なるほど!笑うことは健康にとって大切なんですね!

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

そうなんです!がん予防にも、笑うことが効果的だといわれているので紹介します!

笑うことはがんにも効果的!?

がん予防

NK細胞は笑うことで増加したり活性化することは複数の研究で明らかになっています。
このNK細胞の数が増加したり、活性化するとがんになりにくくなります。
また、NK細胞を注射などによって人工的に活性化しようとすると、活性化するまでに3日程度かかるといわれていますが、笑いの場合は5分間笑うことで十分活性化するといわれています。
反対に、ストレスを抱えすぎてしまったり、うつ状態になるとNK細胞のはたらきは鈍くなってしまいます。
笑うことでうつを防止する効果も確認されているので、がんやうつの予防に効果的であるといえます。

納得

なるほど!笑うことはがん予防にも効果的なんですね!

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

そうなんです!笑うことで期待できるその他の効果についても紹介しますね!

笑うことで期待できる免疫力を上げる以外の嬉しい効果

笑う

ここまで、笑うことで免疫力を上げたり、がんを予防する効果があると説明してきました。
さらに、笑うことはそれ以外にもさまざまな嬉しい効果が期待できます。
では、次は免疫力を上げることやがんの予防以外の嬉しい効果について紹介していきます。

血行促進

血行促進

笑っているときは、心拍数や血圧が上がり、呼吸が活発になります。
笑っているときの呼吸は深呼吸や腹式呼吸と同じような呼吸といわれ、体内に酸素がたくさん取り込まれるため、血のめぐりが良くなり、新陳代謝が活発になるのです。
また、笑うとお腹や頬が痛くなりますが、これは笑うことで身体中の筋肉を良く動かすのでわずかですが筋力を鍛えることができます。
筋肉は血流にも関わってくるので、笑うことで直接血流を良くするほか、筋肉量を増やして血流を良くすることも期待できるのです。

血糖値改善

血糖値

不安や怒りなどのネガティブなストレスによって血糖値は増加するといわれています。
糖尿病の患者にご飯を食べた後、面白みのない講義と面白い漫才を聞かせ、血糖値を計るという実験が行われました。
参考: 笑いの免疫機能・ストレスへの作用について 公益財団法人健康長寿ネット

単調な講義後に血糖値を計った場合は、平均123mgの上昇だったのに対し、漫才を見た後に血糖値を計った場合は、平均77mgの上昇に収まりました。
さらに、漫才中に腹を抱えて大笑いした患者は、講義後の血糖値と比べると、約80mgの差がありました。
この実験から、笑うことで血糖値の改善が見込めることが明らかになりました。

自律神経のバランスが整う

深呼吸

そもそも自律神経とは血管や内臓をコントロールしている神経で、免疫に関する細胞もコントロールしています。
そして自律神経は交感神経と副交感神経の2つに分かれています。
交感神経は身体を活発に動かすときにはたらき、副交感神経は身体を休めているときにはたらきます。
笑うと、交感神経が促進し、その後急激に低下するはたらきがあるので、リラックス効果をもたらすと同時に、自律神経のバランスを保ちます。
この交感神経と副交感神経が互いにバランスを取ることで身体の状態を調節し、免疫力を保つ効果があります。
自律神経に関しては以下の記事で詳しく紹介しているので、ぜひご覧ください。

脳のはたらきの活性化や認知症予防

認知症

脳の海馬は新しいことを記憶するときに必要な器官で、笑うと活性化されて記憶力が上がることが分かっています。
また、笑うことで脳がリラックスすることができるほか、脳に流れる血液量が増加するため脳のはたらきが活発になります。
さらに、認知症の原因にもなる、睡眠障害やうつ症状は笑うと緩和されることなどから、笑いは認知症を予防できる可能性があるといわれています。
まだ、笑いと認知症の関係については明確に明らかになっているわけではありませんが、さまざまな研究が開始されています。

納得

なるほど!免疫力を上げることやがん予防以外にも色んな効果があるんですね!

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

そうなんです!まさに「笑いは百薬の長」ですね!

まとめ

まとめ

笑うという行為は、さまざまな理由で免疫力を上げることが分かっています。
また、薬や注射などと違い、副作用やお金もかからない身近な免疫力を上げる手段です。
ぜひみなさんも意識してよく笑う生活を送るようにしてください。

納得

今日は笑いと免疫力について教えていただきありがとうございました!

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

いえいえ、免疫力を上げるためによく笑う生活を心がけてください!

納得

はい、ありがとうございます!

鈴木 健吾

監修:鈴木 健吾
(研究開発担当 執行役員)

東京大学農学部生物システム工学専修を卒業。
2005年8月、取締役研究開発部長としてユーグレナ創業に参画、同年12月に、世界初となる微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の食用屋外大量培養に成功。
2016年東京大学大学院博士(農学)学位取得、2019年に北里大学大学院博士(医学)学位取得。
現在、ユーグレナ社研究開発担当の執行役員として、微細藻類ユーグレナの生産およびヘルスケア部門における利活用に関する研究等に携わる。
マレーシア工科大学マレーシア日本国際工科院客員教授、東北大学・未来型医療創造卓越大学院プログラム特任教授を兼任。
東北大学病院ユーグレナ免疫機能研究拠点研究責任者。

記事一覧へ戻る