ユーグレナ ヘルスケアラボ

多言語
language

カラハリスイカ研究レポート

  • カラハリスイカ
  • その他
2018.02.28

カラハリスイカ果汁が皮膚でのメラニンの産生を抑制することが示されました。(細胞による試験)

メラニンを産生する細胞(マウスメラノーマ細胞)にカラハリスイカ果汁を添加したところ、何も加えなかったものと比較して、メラニン産生を抑制しました。カラハリスイカ果汁には、メラニン産生に伴う、シミやくすみの発生を防ぐ作用が期待できることが示されました。

出典:FRAGRANCE JOURNAL (2015年4月号)

メラニンとは

私たちの肌は紫外線にあたるとチロシナーゼと呼ばれる酵素の働きが活発になり、皮膚中に含まれているチロシンというアミノ酸からメラニンを生成します。メラニンは紫外線を吸収、散乱することで、細胞を強い紫外線から守りますが、紫外線を浴び続け、メラニンが過剰産生される状態になると、シミやくすみの原因となります。

研究レポート一覧へ戻る
ページトップへ