• 健康コラム
  • 免疫
2021.02.04

免疫ビタミン「LPS」とは?「LPS」で期待できる効果や多く含まれる食品を紹介!

免疫 ビタミン LPS

悩む

免疫ビタミンのLPSという言葉を聞いたのですが、何なんですか?

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

LPSは、日本語では「糖脂質」や「リポ多糖」と呼ばれる身体にとって嬉しい栄養素なんです!

納得

なるほど!LPSについてもう少し詳しく教えてください!

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

分かりました!それではLPSとは何か、LPSの機能などを説明していきます!

目次
免疫ビタミン「LPS」とは
免疫ビタミン「LPS」で期待できる効果
免疫ビタミン「LPS」が多く含まれる食べ物
まとめ

免疫ビタミン「LPS」とは

疑問

LPSは「リポポリサッカライド(Lipopolysaccharide)」の略で、日本語では「糖脂質」や「リポ多糖」と呼ばれる栄養素です。
LPSは土の中や海の微生物に多く存在するため、野菜や穀物、海藻類などに豊富に含まれています。
そんなLPSはビタミンの定義とされている「微量で動物の正常な生理機能を調節する」などの条件を全てクリアしており、免疫力を上げる効果が期待できるので、免疫ビタミンと呼ばれています。
具体的には、体内に侵入したウイルスや細菌などを排除するはたらきをする、「マクロファージ」と呼ばれる細胞を活性化させることから、免疫力を高めてくれます。
さらに、肌の免疫機能にも作用するため、美容にも嬉しい栄養素として注目されています。

納得

なるほど!ビタミンに近い性質を持っているから免疫ビタミンと呼ばれるんですね!

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

そうです!では、LPSの他の機能を紹介します!

免疫ビタミン「LPS」で期待できる効果

期待できる効果

LPSには免疫ビタミンといわれるように、免疫力を上げる効果が期待できます。
さらに、免疫力をあげる以外にも嬉しい効果が期待できるのでそちらも紹介します。

アルツハイマー病の予防

アルツハイマー

LPSはアルツハイマー病のリスクを下げるといわれています。
アルツハイマー病は脳内に「アミロイドβ」という物質が増えすぎることで起こる病気です。
加齢とともにアミロイドβは増えますが、健康的な状態であれば脳内のマクロファージ細胞がアミロイドβの蓄積を防いでくれます。
つまり、LPSを摂取することでマクロファージを活発化させ、アルツハイマー病の予防に効果があるといわれています。

花粉症の予防

花粉症

花粉症やアレルギー症状は免疫のバランスが崩れることで起こります。
LPSが免疫力を保つはたらきを持つマクロファージ細胞を活性化することによって免疫のバランスが整い、花粉症を抑制する効果があったことがわかっています。
マウスにスギ花粉を与えて花粉症にする実験で、LPSを与えたときと与えなかった時を比較し、LPSを与えたときは花粉症の症状が出にくくなったことが明らかになりました。
このことから、LPSを摂取することで、花粉症を予防、抑制できる効果が期待できます。

肌荒れの予防

肌荒れ

LPSは肌荒れを防いだり、炎症を改善するといった効果があります。
LPSは、肌の乾燥、刺激やウイルスの侵入を防ぐ役割を持つ「ケラチノサイト」という物質のはたらきを高める効果があります。
また、LPSは炎症の原因である「ケモカイン」という物質を分泌する「ランゲルハンス細胞」のはたらきを抑える効果があることがわかっています。
これらの結果からLPSは肌荒れの予防に効果が期待できます。

がんの予防

がん

がんは、加齢やストレスで発症率が増加します。
がんが加齢やストレスで発生しやすくなる理由の1つに、免疫機能が衰え、マクロファージ細胞などのはたらきが鈍くなることがあげられます。
マクロファージ細胞はがん細胞が増加するのを監視し、防ぐはたらきがあるので、LPSでマクロファージ細胞を活性化することでがんになりにくくすることが期待できます。

納得

免疫力を上げる以外にもこんなに多くの効果が見込めるんですね!

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

はい!ぜひ意識してLPSを摂取してほしいです!

悩む

でもLPSはどんなものに含まれているんですか?

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

では、LPSが多く含まれている食べ物を紹介しますね!

免疫ビタミン「LPS」が多く含まれる食べ物

食べ物

免疫ビタミンと呼ばれるLPSが身体にさまざまな良い影響を与えることを紹介しました。
次は、LPSがどのような食材に多く含まれているのか説明します。

穀類

玄米

穀類の中でも特に玄米、小麦、蕎麦にLPSが多く含まれています。
LPSは穀類の皮や胚芽部分に多く含まれているので、精白米よりも玄米を、小麦なら全粒粉を、蕎麦であれば十割蕎麦を選ぶことがおすすめです。
また、穀類を未精製で食べる際に残留農薬が不安な方は、農薬や化学肥料を使用しない自然農法などで栽培されたものを選ぶと良いでしょう。

きのこ類

きのこ

きのこ類の中ではひらたけやしいたけがにLPSが多く含まれているのでおすすめです。
きのこ類はLPS以外にもビタミンや食物繊維が含まれているので免疫力を上げる食べ物として優れています。
きのこに含まれているビタミン群は水で煮ると溶け出してしまいます。
そのため煮た場合には、スープを一緒に飲むことできのこに含まれるビタミンB群を効率よく摂取することができます。

海藻類

わかめ

LPSは海藻類にも多く含まれています。
その中でも特にワカメやめかぶに多く含まれていることがわかっています。
さらに、海藻類は海の中の養分を吸収して育ち、LPS以外にも豊富な栄養素を含んでいることから「海の野菜」ともいわれています。
乾燥した海藻を水で戻す場合、戻し汁を捨てずに調理することでLPSを無駄なく摂取することが出来ます。
また、栄養豊富で近年注目のスーパーフードであるユーグレナは、藻の一種なので海藻類と同じようにLPSも多く含まれているのでぜひ摂取してみてください。

根菜

レンコン

LPSは主に土壌に含まれる菌に由来する成分なので、根菜にはLPSが多く含まれています。
レンコンやにんじん、ゴボウなどに特に多く含まれています。
LPSは根菜の皮に特に豊富に含まれているため、にんじんなどは皮ごと食べるのがおすすめです。

納得

LPSはこれらの食べ物に多く含まれているんですね!

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

はい!食べ物の外側に多く含まれているので未精製のものや皮を食べることが大切です!

まとめ

まとめ

免疫ビタミンと呼ばれるLPSはビタミンの定義を全て満たし、免疫力を上げる効果が期待できます。
そして、LPSを摂取することでアルツハイマー病、花粉症などさまざまな症状に効果があるといわれています。
LPSが多く含まれている穀類、きのこ類、海藻類、根菜を食べて免疫力を上げてみてはいかがでしょうか。

納得

今日はLPSについて教えていただきありがとうございました!

ユーグレナ 鈴木
ユーグレナ 鈴木

いえいえ、ぜひLPSが豊富に含まれている食べ物を食べてみてください。

笑顔

はい、ありがとうございます!

鈴木 健吾

監修:鈴木 健吾
(研究開発担当 執行役員)

東京大学農学部生物システム工学専修を卒業。
2005年8月、取締役研究開発部長としてユーグレナ創業に参画、同年12月に、世界初となる微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の食用屋外大量培養に成功。
2016年東京大学大学院博士(農学)学位取得、2019年に北里大学大学院博士(医学)学位取得。
現在、ユーグレナ社研究開発担当の執行役員として、微細藻類ユーグレナの生産およびヘルスケア部門における利活用に関する研究等に携わる。
マレーシア工科大学マレーシア日本国際工科院客員教授、東北大学・未来型医療創造卓越大学院プログラム特任教授を兼任。
東北大学病院ユーグレナ免疫機能研究拠点研究責任者。

記事一覧へ戻る