ユーグレナヘルケアラボ

ユーグレナヘルケアラボ

現代人が抱える健康状態に着目

ユーグレナ君

さかなクン

疲労、免疫力、栄養の偏り…現代人が抱える不調には
3つの要素のトータルなケアがカギ

厚労省の調査(2012年)によれば、疲れを感じていると回答した人は約6割、
慢性的な疲れがあると答えた人は約4割にのぼるといいます。
1日、仕事や家事をするだけでも疲れやすい、休んでもなかなか疲れがとれない、
そんな悩みを持つ方もいると思います。
疲れやすさや疲れがとれない原因には、
加齢や運動不足による体力の不足といった原因が考えられますが、
実は何気ない生活習慣に疲れやすい原因が隠れている可能性が。
そして、健康を妨げるサイクルに陥ってる可能性もあるんです。

食事の偏り

私たちは食事からの栄養が不足している。栄養がたりていないと、疲れやすい

私たちの体をつくり、あらゆる活動の原動力となるエネルギーは、食事から摂ったものから生まれます。食事から摂った「炭水化物」「脂質」「たんぱく質」が体内で消化されて、細胞の中でエネルギーを生み出すためのサイクルに取り込まれます。それらのサイクルを回すことを「ビタミン」「ミネラル」などが助けます。食事を抜いたり、規則正しい食習慣ができていなかったりすると、エネルギー不足となって疲労を感じやすくなります。

1日あたり栄養摂取量の過不足率
(男性)

1日あたり栄養摂取量の過不足率
(女性)

1日あたり栄養摂取量の過不足率のグラフ

ユーグレナ

ユーグレナ

疲れと睡眠不足・ストレス

睡眠不足やストレスにより、疲れがとれにくくなる

睡眠を十分確保できているかどうかも、疲れやすさに大きく関係します。睡眠中に分泌量が増える成長ホルモンは、疲労解消にも重要な役割を担っています。つまり、慢性的な睡眠不足や眠りの浅さは、疲れをどんどん蓄積してしまうのです。睡眠時間の確保はもちろん重要ですが、睡眠の質も上げる工夫が重要です。

1日の平均睡眠時間(20歳以上男女)

1日の平均睡眠時間のグラフ

身体的負荷や精神的負荷などの過度なストレスがかかったときに
身体や精神のパフォーマンスがさがってしまい、
思考力の低下や注意力のおとろえ、不安やイライラなどの感情、頭痛や肩こりとして疲れは現れます。
適度な気分転換等を含めた、ストレスの解消が必要になります。

ユーグレナ

免疫力の低下

疲れていると、免疫力が下がる

ある程度の期間でストレスから解放され十分な睡眠・気分転換・栄養補給などで疲労が回復すればいいのですが、ストレスが続くと精神的緊張が「疲労」として脳に伝えられ、更に倍増した疲労感により自律神経が乱れ、免疫機能の低下を引き起こします。

1日あたり栄養摂取量の過不足率のグラフ

ユーグレナ