ユーグレナ ヘルスケア・ラボ

ユーグレナ ヘルスケア・ラボ

ユーグレナ研究レポート

  • ユーグレナ
  • その他
2020.06.08

ユーグレナの継続摂取が、ストレスによる諸症状の抑制や睡眠の質の改善をする研究結果が確認されました。

20代~64代の男女77名に、ユーグレナ粉末を朝夕食後2回に分けて、500 mg、1,000 mg、3,000 mgそれぞれを
12週間毎日摂取してもらいました。その結果、作業ストレス負荷時に自律神経のバランスを調整し、心身の健康を保ちやすくなることが分かりました(図1)。

作業ストレス負荷時のイライラ感や緊張感を抑制することが分かりました(図2)。

睡眠の質を改善することが分かりました(図3)。

出典:第74回日本栄養食糧学会
2020.5.18 株式会社ユーグレナよりニュースリリース

自律神経とは

自律神経は、活動的な働きの交感神経と、リラックスする働きの副交感神経で構成され、内臓の働きや代謝、体温などの機能をコントロールしています。自律神経のバランスが乱れていると交感神経と副交感神経の切り替えがスムーズに行えず、心身の健康を保つことが難しくなり、イライラや不安、緊張などを感じやすくなることや、寝つきが悪い、眠りが浅いなどの睡眠の質の低下につながります。自律神経のバランスを整えることで、ストレスによる諸症状を感じにくくなり、満足感の高い睡眠がとりやすくなります。

研究レポート一覧へ戻る
ページトップへ