ユーグレナ ヘルスケアラボ

多言語
language

ユーグレナ研究レポート

  • ユーグレナ
  • その他
2019.07.30

加水分解ユーグレナエキスが皮膚の表皮細胞のフィラグリンの遺伝子発現が促進される成果を確認しました。(細胞による試験)

ヒトの皮膚の表皮細胞に加水分解ユーグレナエキスを添加したところ、フィラグリン(FLG)遺伝子の発現が促進されました。このことから、加水分解ユーグレナエキスが、表皮バリア機能を高め、肌荒れを防ぐのに加え、保湿力アップが期待できます。なお、加水分解ユーグレナエキスとは、ユーグレナ粉末を酵素で加水分解抽出したユーグレナ社独自のエキスで、商標「リジューナ」を取得済みです。

出典:FRAGRANCE JOURNAL (2018年10月号)

フィラグリン(FLG)とは

フィラグリンは、表皮の主要な構成成分のひとつで、水分を保持するための物質の材料となるなど、肌の保湿において重要な役割を果たします。FLGが少なくなることがアトピーの原因の1つであることも知られており、肌のバリア機能を保つためにも重要です。

研究レポート一覧へ戻る
ページトップへ