ユーグレナ ヘルスケアラボ

多言語
language

ユーグレナ研究レポート

  • ユーグレナ
  • 免疫
2017.11.14

ユーグレナおよびパラミロンの摂取でインフルエンザ症状を緩和する可能性が示唆されました(マウスによる試験)

ユーグレナ粉末、パラミロン粉末を含んだエサを2週間経口摂取させたマウスに、インフルエンザウィルス(A/PR/8/34(HINI))を投与し、生存率等を確認しました。通常インフルエンザウイルスに感染したマウスは肺で強い炎症が起こりますが、ユーグレナ粉末、パラミロン粉末を摂取していたマウスは、生存率が有意に向上し((a)参照)、肺の中のインフルエンザウィルスが有意に減少しました((b)参照)。



171114_01_2.jpg

これらの結果は、ユーグレナ粉末とパラミロン粉末の事前摂取により、主にパラミロンの作用によって、免疫伝達物質であるサイトカインの分泌量が増加して免疫細胞が活性化し、その結果、ウイルスの排除が促進され、インフルエンザ症状を緩和する可能性を示しています。

出典:A.Nakashima et al. Biochem Biophys Res Commun. 2017
2015.2.9/2017.11.1 株式会社ユーグレナよりニュースリリース

インフルエンザとは

毎年冬季を中心に流行するインフルエンザは、インフルエンザウイルスを病原体とする急性の呼吸器感染症です。インフルエンザウイルスに感染すると、ヒトの身体は、免疫伝達物質のサイトカインの働きによって免疫細胞を活性化し、ウイルスを体内から排除しようとします。

研究レポート一覧へ戻る
ページトップへ